RevitaLash Advanced Japan Official Site

リバイタラッシュ オフィシャルサイト


Our Story リバイタラッシュについて

our-story

自然な美しさと、誠実さ、そして愛のもとに設立された会社 …

マイケル・ブリンケンホッフ博士は30年以上の実績を持つ眼科医で、美しい妻ゲイルにインスパイアされてまつげ美容の草分けであるコスメブランド、リバイタラッシュを創設しました。

本来のコンセプトは、彼の美しい妻ゲイルの個人的なニーズに合う特別なギフトを開発する事でした。彼女は転移性乳がんの治療から回復している最中でした。かつて美しかったゲイルのまつげはその輝きを失い、脆く、生命力を無くしていました。ブリンケンホッフ博士は、ゲイルのまつげに再び健康的で強く美しい見映えを取り戻す方法を見つけ出せると信じ、その結果としてリバイタラッシュは生まれました。

ゲイルは、ブリンケンホッフ博士が人々に信頼される化粧品ラインを新生させ、市場に届けるための原動力となったのです。そうして、本来持っている美しさをより高め、自信を付け、活力を取り戻したと感じられるための手助けを探している人達の熱望に応えうる製品が創り出されていきました。

実際に、ゲイルがこのブランドを、心と身体、精神に活力を取り戻す製品であると説明して、リバイタラッシュと名付けたということです。信頼、誠実、美、そして革新は、今も Athena Cosmetics, Inc. とリバイタラッシュブランドの核としてあり続け、リバイタラッシュブランドは今やまつげ・眉毛美容カテゴリーにおいて世界的なリーダーとして頭角を現し進化しています。リバイタラッシュ アドバンスを含むコレクションの全てはハイエンドの化粧品として、アメリカだけでなく世界中の10,000以上のスパやサロン、専門店などで取り扱われ、多くの支持を得ています。

フィランソロピーに取り組む会社としても、弊社は乳がんの研究や啓発の支援をしていることに誇りを持っております。また環境への配慮も公約し、全ての包装は現在100%リサイクル可能であるというEco-coalitionのロゴを付けています。このように、企業としての人道的責任にこれからもフォーカスして参ります。

リーダーとして、革新者として、ビジネス提携者の成功をサポートする信頼できるパートナーとして、そして、大切なお客様のニーズに合う製品パフォーマンスを提供できるように、弊社は引き続き、これまでに培ったものと、現在そしてこれからの自然な美の追求に、献身して参ります。

> アメリカ本国のブランドサイト


リバイタラッシュ輸入総代理店 エム・アール・アイ代表リッキー二宮のストーリー

ある日、私はリバイタラッシュの国際セールスマネージャーであるライアンから連絡を受け、リバイタラッシュの輸入代理店ターになることに興味はないかと訪ねられました。私はすぐに「ノー」と答えました。

私が「ノー」といった理由は、日本の薬事法で認可されていない成分が入っているため国内での販売ができないのを知っていたからです。

日本人は長いまつげが好きですし、まつげ美容液にニーズがあることや人気商品になることもわかっていましたが、私にとってそれはお金の問題ではありませんでした。品質、安全性、倫理的問題に関しても心配でしたし、それ以上に、もしリバイタラッシュを販売した場合に私のカスタマーを傷つけてしまうのではないかと考えて「申し訳ありません。でも誰か他の輸入業者を見つけてあげられるかもしれません」と言いました。

ライアンが来日したとき、私は彼と会い、彼の人柄、そして会社の質に感銘を受けました。彼から、もしアシーナ・コスメティックス(ATHENA COSMETICS, INC.=リバイタラッシュの製造販売会社)にリバイタラッシュの日本版を作らせることが出来たら、考え直してくれますかと提案を受け、「そうしましょう、でもパッケージも新しいものが欲しいです」と答えました。日本版リバイタラッシュを他の非正規品と差別化する必要があったのです。

また、私は日本版リバイタラッシュのテストを行い、新しく成分を変えたことでまつげを伸ばす力が弱っていないことを確認する必要があることを伝えました。全ての要望は数ヶ月のうちに行われ、私は「ノー」と言える状況ではなくなりました。アシーナ・コスメティックスは、私がそれ以上満足できないほど完璧なリバイタラッシュ アドバンス ジャパン(Revitalash Advanced Japan)を作り、MRiはリバイタラッシュの日本総代理店となりました。このような素晴らしいまつげ美容液をお届けできることは私にとって大きな喜びです。

Rikki Ninomiya
President, MRi inc.
【世界ディストリビューター会議にて】マイケル・ブリンケンホッフ博士(中)とご令嬢(右)、そしてリッキー二宮(左)