乳がん治療を最も必要とする人々のための資金援助 - RevitaLash Japan
Mobile Label

LINE公式アカウント登録のご案内(詳しくはこちら)ご登録いただいた方にクーポンプレゼント!

LINE公式アカウント登録のご案内(詳しくはこちら)ご登録いただいた方にクーポンプレゼント!

乳がん治療を最も必要とする人々のための資金援助

2022 10月 06

乳がん治療を最も必要とする人々のための資金援助

乳がんは、女性に最も多く発生するがんであるだけでなく、世界的にも最も多いがんであることをご存知でしょうか。

残念ながら、乳がんに罹患した女性の転帰は、患者さんが世界のどこに住んでいるかによって大きく左右されます。がんによる死亡は発展途上地域でより多く、サハラ以南のアフリカは世界で最も死亡率が高くなっています。

そのため、2022 Greater Givingでは、エチオピアの乳がん治療への資金援助に重点を置いています。今年、私たちは、発展途上国の乳がんの現状を変えるための支援を行うことができます。

 

 

毎年恒例のグレーター・ギビングの取り組み

ヒーローラッシュとブロウセラムの特別仕様のピンク色のパッケージをご覧になった方は、私たちのグレーターギビングの取り組みを少しご存知かもしれません。毎年10月、世界中で販売されるピンク色の製品の売上を、世界の乳がんチャリティ団体に寄付しています。

今年のプログラムでは、エチオピアのがん治療・研究機関であるシティー・オブ・ホープが創設したエチオピア乳がんイニシアチブに5万ドルを寄付することを目標に、さらに大きな影響を与えられる機会を提供しています。

エチオピアでは、病気の治療効果を高めることができます。


なぜエチオピアなのか?エチオピアはアフリカで2番目に人口の多い国ですが、GDPと患者あたりの医療従事者の比率は最も低い国のひとつです。乳がん患者の多くは30代後半から40代前半の若い女性で、その75%が早期の死亡や苦痛を伴う末期がんを患っています。しかし、乳がんの3分の2はエストロゲン受容体陽性で、早期に発見されれば、手術とタモキシフェン(1カ月1.5米ドルの錠剤)で治療できる可能性があります。

シティー・オブ・ホープのエチオピアでのプロジェクトは、乳腺外科の腫瘍学者であるレズリー・テイラー博士が主導しており、恵まれない地域に貢献するグローバルヘルス構想に10年以上携わっています。このプロジェクトの一環として行われている重要な活動には、以下のようなものがあります。

 

  • 看護教育・研究:臨床実践を改善するための研修や介入策の研究を支援しています。シティー・オブ・ホープは、エチオピアのハワサで大学院生を指導しています。エチオピアとシティー・オブ・ホープの教員チームは、サハラ以南のアフリカで実施する腫瘍学看護師研修プログラムを共同で開発し、360人の看護師が恩恵を受け、その後、他の看護師を指導する予定です。
  • 病理学能力開発:乳がんの診断と治療を改善するため、組織の処理と分析について検査技師や医療従事者をトレーニングする「病理学能力向上プログラム」を実施しています。現在までに、エチオピアと他のアフリカ10カ国から263人以上の技術者が参加し、60人以上が現在進行中の指導プログラムに参加して活躍しています。
  • オンコロジーユニット:エチオピアのハワサにある、2,300万人が利用する病院での乳がん治療の強化に焦点を当てたプロジェクトです。乳がん専用データベースは、がんの生物学と患者の転帰を改善するための介入策を研究するためのインフラを構築するものです。Patient Advocacyプロジェクトでは、治療中の患者さんを支援する方法を探ります。放射線腫瘍学プログラムは、国内で3番目となる予定です。
  • ER陽性乳がんの生物学:長期的な目標は、乳がんの特徴を理解し、アフリカの科学者、協力者、住民を科学的探究に参加させることによって、新規治療法の発見に貢献することです。

 

 

 

乳がんの痛み、疑問、そして人生を変えるような状況に苦しむ女性とその家族をサポートするには、愛や最善の願いだけでは足りません。24時間体制で働く献身的な専門家、患者さんの緊急の身体的ニーズやより良い治療法、そして最終的には乳がんの治癒を求める長期的な研究に提供するための資金が必要なのです。

だからこそ、シティー・オブ・ホープがここ米国やエチオピアなどで行っている重要な活動に感謝し、この闘いに参加してくださる皆さまに感謝するのです。



シティー・オブ・ホープについて詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。