Q1インパクトレポート:フィランソロピー、サステナビリティ、エトス - RevitaLash Japan
Mobile Label

サイトリニューアルいたしました。旧サイトで登録済の方もパスワードの再設定が必要となります。(詳しくはこちら

Q1インパクトレポート:フィランソロピー、サステナビリティ、エトス

2022 2月 02

Q1インパクトレポート:フィランソロピー、サステナビリティ、エトス

リバイタラッシュ®コスメティックスでは、最近、フィランソロピー、サステナビリティ、エトスへの取り組みを強化する旅に出ました。
2019年末には、前国際営業担当副社長のダリエル・シドニーを、新しいフィランソロピー&エトス担当副社長としてグローバルに活躍するリーダーに任命しました。リバイタラッシュ®コスメティックスの共同創業者であるゲイル・ブリンケンホフの娘であり、創業当時から会社にいる者として、ダリエルはこのような重要な役割に最適な人物であると私たちは考えていました。

まだ数カ月しか経っていませんが、私たちがもたらしたインパクトは、オフィス内外で非常に大きな意味をもっています。ここでは、私たちがこれまでに達成したことをご紹介します。

 

フィランソロピー


リバイタラッシュ®コスメティックスは、常に慈善活動を中心に据えており、現在ではこれまで以上に多くの活動を行っています。この3ヶ月の間に、シティー・オブ・ホープ、サンタバーバラのリドリー・ツリーがんセンター、ヤング・サバイバーズ・コーリション、ダイレクト・リリーフ母子保健プログラムなど、複数のがん研究センターと慈善団体に5万ドル近くを寄付することが出来ました。さらに、リバイタラッシュ・コスメティックス本社は、ダイレクト・リリーフで1日ボランティア活動を行い、女性のための母子衛生キットを梱包しました。これは私たちが計画しているすべてのことの始まりに過ぎず、年間を通じて慈善活動を強化していくことを楽しみにしています。

 

持続可能性

環境保全の旅を始めるにあたり、私たちは、二酸化炭素排出量の改善、影響の最小化など、「グリーン化」の専門的な知識を持つサステナビリティの専門家に、私たちのプロセスを指導してもらうことが最善であると判断しました。- カーボンフットプリントの改善、影響の最小化など、「グリーン化」の専門的な知識と、それらをどのように測定すべきかを理解している人です。 サステナビリティの専門家は、最も早く効果を上げられる自宅から始め、そこから外へ広げていくようにとアドバイスしてくれました。以下は、これまでに私たちが行った改善の一部です。

  • パッケージとセロハン包装は100%リサイクル可能です。
  • オフィスから使い捨てのプラスチックをすべて撤去しました。
  • 掃除用具も、そう、きれいになりました。環境への配慮が「F」ランクから「A」ランクになりました
  • オフィスから使い捨てのコーヒーポッドをすべて撤去し、ドリップ式コーヒーポットに変更しました。
  • ベンチュラ郡のグリーンビジネスとして認定されるよう手続き中です
  • ゴミの監査、正しいリサイクル方法の再学習と習得、厳格なリサイクル方針の実施を行っています。

エートス

リバイタラッシュ®コスメティックスのチームメンバーの健康、幸福、ウェルビーイングは、私たちにとって常に重要であり、私たちが提供できるものでより創造性を発揮できることに感激しています。以下は、ここ数カ月で導入された、素晴らしい従業員へのケアと感謝の気持ちを込めた追加の福利厚生やプログラムです。

  • 8時間のボランティア休暇(VTO)
  • セルフケアデー(年1回)
  • 学生ローン返済支援
  • 毎月のリビタクラス(ランチ&ラーニングを含む)
  • 「ムーブマンデー」グループフィットネスクラス
  • 地元ロースターから提供されるグレードアップしたコーヒー
  • キッチンにある健康的でヘルシーなスナック


これはまだ始まりに過ぎません。このプロセスをさらに進めていく中で、私たちの使命と地球に対して責任を持つ方法として、環境に配慮した取り組みの指標を共有できることを嬉しく思います。 私たちは、従業員の能力を高めながら、慈善活動やサステナビリティにさらなる影響を与えるべく、今後も奮起していきます。今後もご期待ください。